商品名や広告表現、法律遵守の再確認

Regulation written on multiple road sign

マッサージ 薬機法で定義される医療機器でないと使えない。 本屋で販売されるMOOK本や付録、通販などで紹介される健康器具名で使われているケースが散見される。 普通に使われる言葉だが、気軽には使えない。 ちなみにマッサージ […]

Read more

コーヒーおかわりが100円安くなります!

Professional golf gear on the golf field at sunset.

コーヒーおかわりが100円安くなります! という看板が目に付いた。 うーん。 なんとも。 多少遠めから待合ソファに座りながら、時間をつぶしている時に眼に入った看板。 コーヒーやサンドウィッチなどの軽食を売っているいわゆる […]

Read more

色落ちするシャツを売れる力

future sign

例えば、シャツの品質の良し悪し(品質検査の結果)を問われると、回答は、例えば、「これは色が落ちやすい。すごく縮む。取引規格と比較するとNG」、などとなる。 品質検査は、色が落ちやすいことや寸法が変化することを明確化するこ […]

Read more

WE LOVE 「規格」? / 認証と行動のギャップ

Square shiny icon with white design on green background

かなり以前のことになるが、東南アジアで宿泊したホテルに「ISO9002認証取得」!!! (ビックリマークは付いていません) と高らかに謳われていた。 いかにも“高らかな”気がした。 が、案の定、部屋に入ってポットから湯を […]

Read more

清く正しく美しく、be justで、いい仕事

ある上場会社のトップの方の入社式での講演を読んだ。「Be just, fear not」に関する話。 そのままの意味で、正しいことをしているのならば、何ら恐れることはない、ということ。 失敗と向き合わず、過ちを隠し、嘘を […]

Read more

ピエールとヒロシ

昔の資料を整理していると、ピエールとヒロシのヘラジカ狩りの小話を記した資料が目に付いた。 日産のカルロス・ゴーン氏の著作に記されていたものだ。 詳細は正しくないだろうが、こういう話だ。 アラスカでピエールとヒロシがヘラジ […]

Read more

経験したことがない…

過去に経験のないことが起きてしまう。どう対処していけばよいのだろう? どのような仕事をしていても、あるいは私生活をしていても、生きていれば必ず過去に経験したことの無いことに遭遇する。 しかし、よく考えてみると経験とはなん […]

Read more

“問題”ではなく、“機会”にどん欲であるべき

以前、本コラムにも記載したが、海外品には、もちろんレアなケースと思いたいが、材質が途中で変えられたり、そもそも伝えられる材質と異なる材質が使われていたり、検品・検針が不適切な方法であったり、意図的か無意識か、経験不足か経 […]

Read more

“バナナを取れないサル”にはならない

突然ですが、バナナを取れないサルの話を紹介させてほしい。 ある実験の話だ。 何匹かのサルが檻にはいっている。 1本の木があり、木の上にはバナナがある。 当然、サルはバナナを取りに木に登る。 このとき強力な勢いの水が上から […]

Read more

1 2 3 4
top